食生活を見直して、ニキビとサヨナラしよう

fghjklyil

ニキビ全般で言えることですが、顎ニキビは特に、胃腸の調子が悪いとできやすくなることがあります。

胃腸の働きが悪かったり、下痢などの状態が続くと正常な消化ができずに胃の中で不要物が残留してしまいます。

それが毒素となって体内にまわってしまうと、その毒素を体外に出そうとして毛穴がダメージを受け、ニキビができやすくなることがあります。

胃腸の働きを正常に整えるためにも、規則正しい食習慣を身につけることが大切なのです。

●暴飲暴食は大敵
飲み会や食事会、食べ放題などで、食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうことは誰にでもあります。常に「腹八分目」を意識するように心がけるのが一番なのですが、食べ過ぎてしまった時は、翌日の食事を控えめにするなどして、すぐに胃腸を休ませてあげるようにしましょう。疲れた胃腸には、おかゆや温野菜サラダがおすすめです。
●濃い色の野菜を積極的に
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、ビタミンCはニキビ対策に効果的な栄養素。ビタミンAは皮膚の再生を促進するとともに毛穴の詰まりを防ぐ効果が期待でき、ビタミンCは肌の老化を促進させる活性酸素の働きを抑制します。にんじん、ほうれんそう、ピーマン、パプリカ、カボチャ、ブロッコリーなど、色の濃い野菜を毎日の食事に積極的に取り入れましょう。
●女性ホルモンを整える食べ物
女性ホルモンのバランスを整えるために積極的に食べたい食べ物は、バナナ、ヨーグルト、ナッツ類。バナナに含まれるビタミンB6は生理前の肌トラブルなどにも効果的で、ヨーグルトの良質なタンパク質は女性ホルモンの分泌を促進します。またナッツ類には抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なので、肌細胞の老化を防ぐ効果が期待できます。